ブレスヴォイストレーニング研究所

top_photo
  ヴォイストレーニングや声に関する情報を幅広く提供しています。

 

ヴォーカリスト、声優、俳優、アナウンサー、ナレーター、ヴォイストレーナーのほかにも、声に 関心をお持ちの方に役立つ内容をめざしています。

研究所の経験豊富なヴォイストレーナーによる個人レッスン(複数名担当) は、あなたの目的、スケジュール に合わせて選ぶことができます。詳しくは資料請求でお問い合わせください。

サイトマップ

 

「研究所で実施している新型コロナウイルス対策」

 
研究所は、全部のスタジオと廊下に窓がついていて、こまめに換気を行っています。ほぼ個人レッスンということもあり、安心してお使いください。(往来には充分、お気をつけください。)

 

研究所は、衛生管理として、下記のことを行っています。

・玄関、スタジオ、洗面所、トイレにアルコールスプレーの設置
・アルコール、次亜塩素酸水による拭き取り
・抗菌スプレーによる備品消毒、抗菌シートによる拭き取り

・洗面所のディスペンサーとペーパータオルの設置

・手洗いとうがいの誘導看板の設置

・玄関でスリッパに履き替え、玄関マットとスリッパの消毒
・スタジオの空気清浄と加湿

・スタジオの窓に送風機の設置
・トレーナー、クライアントのレッスン時、マスク着用可

・ビニールカーテンをはさんで1.5m以上の距離を保つ

・対面ではなく、横向きでの指導

・入室時のアルコールスプレーの利用

その他、不調時のご連絡などに、ご協力ください。

 

※オンラインレッスンを行なっています。(スマートフォンやタブレットでも可)レッスン内容は、ご相談ください。

 

 


 

新刊「ヴォイストレーニング大全」2020専用サイト(リットーミュージック):電子ブックをお勧めします。

好評発売中:人は『のど』から老いる 『のど』から若返る(講談社)

 

 

 

A.ヴォイトレレッスンの日々ブログ 研究所の最新情報

01.お知らせ 02.トレーナーアドバイス 03.PR 04.体験・効果・音信 05.声レッスン感想 06.歌レッスン感想 07.トレーナーのメッセージ 08.お勧めアーティストと作品 09. 更新情報  10.更新履歴

  • おすすめの文学
    ジョヴァンニ・ヴェルガ(Giovannni Verga)という作家に、はまっています。岩波文庫から短編集が出ています。(邦訳「カヴァレリーア・ルスティカーナ」。)この題名は、有名なオペラの原作の小説です。魅力的な短 …
  • 新型コロナウイルス対策の強化
    新型コロナウイルス対策の更なる強化のため、アルコールスプレーとアルコールウエットティッシュの増設をしました。 …
  • 今日のトレーナーのメッセージ
    イやエはドイツ語のウムラウトを意識すると出しやすくなります。喉の位置が日本語と違い低くなるので深い声がだしやすくなりますよ。レガートで歌えるようになったのでとてもよくなったと思います。(♭Σ) …
一覧を見る  

B.発声と音声表現のQ&Aブログ 声とその周辺に関するあらゆる質問(約1万件) 

同問異答(20人のヴォイストレーナーと専門家の回答) [準備中] 設問一覧 [ブログのカテゴリー00]

一覧を見る  

C-1.ヴォイストレーナーの選び方ブログ 

 

C-3.夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニングブログ(「ヴォイストレーナーの選び方」アーカイブ)一本記事版
 
  • 日本語は会話向き
    日本語は、対話型のコミュニケーションには、不向きな言語です。すでに関係ができている相手に伝えるには、うまく使えるのですが、初対面、特に1対多では、混乱しやすくなります。人前で話すのが不得意な人が多いでしょう。 主語 …
  • 対話と会話
    「日本には会話しかなく対話がない」、と言われてきました。対話とは、第三者を聞き手においた対談を考えるとわかりやすいのでしょう。1対1で話していても、その2人の中でなく、他の人が聞いてわかる、つまり、ドラマの出会いの …
  • 日本人と日本語
    日本は、古くは中国から、近年は欧米からの影響を大きく受けました。そのために翻訳による知識の導入、それは読み書きが中心となり、日本語という言語を特殊に発達させてきたのです。 日本語は文字に複雑ですが、音声にはシンプル …
一覧を見る  

 

 

 


ヴォイトレの論点 福島英のヴォイトレのテーマでの論考

ヴォイトレの論点のタイトルリスト(特は特別論点)

 

42.特:新型コロナウイルスと声

41.誤りの生じるプロセスの検証

40.ヴォイスの基礎と応用

39.特:風邪ほか感染防止について

38.体と感覚

37.答えないという答え~実感と科学について

36.特:『よみがえるAIでの美空ひばり』(NHK放送)2019.9.29新曲『あれから』における歌唱について

35.最近のヴォイトレの状況と、ここまでの歩み

34.人の成長と声

33.本当の声と能力

32.正論考~たとえばイップス(Yips)について

31.特:「のどを鍛えたければ『北国の春』を歌いなさい」週刊ポスト(10月4日号)についての補足説明

30.日本のヴォーカル論~カラオケバトルから、声力の欠如について ~2020年に向けて

29.お笑い芸人もしくはお笑い出身タレントの声力

28.声の判断と日本人の声文化

27.人生、生活、そして声

26.声と哲学

25.マイクと歌唱の振りについて<「チコちゃんに叱られる!」(2018.12.21放映、年末拡大版)への疑問>

24.特:日本人と声とその行方~2018年、音楽業界から平成の総括とその先を読む

23.「ウーロン茶は喉に悪い」について

22.ことばの壁

21.心身の使い方のミスと人間発声学(対処から統合へ)

20.歌うことのソフトウェア

19.「AIとこれからの声」へナレーション、声優、歌手、ヴォイストレーナーの職のソフトウェア化

18.声の強さ、耐性について

17.「まね」で教えること

16.鍛える

15.考える技術と感じるアート

14.バランス調整と実力アップ(発声での筋トレ不要論について)

13.トレーナーによる方法やメニュの違いについて

12.ヴォイトレで独り立ちするには

11.ヴォイストレーニングの統一化について

10.ヴォイストレーニングは何を信じてやればよいのか

9.ヴォイトレ二極論(2)(メンタルとフィジカルの要素)

8.ヴォイトレ二極論(1)(「状態の調整と条件づくり」)

7.成り立つということ

6.鼻にひびかせること(副鼻腔共鳴)

5.ヴォイトレにおけるシャウトの位置づけ(シャウトについて練習やメニュ)

4.あえて”反科学”の勧め(発声に関して科学的なトレーニングの是非について)

3.理論に基づくトレーニング(発声の原理について、解剖学や生理学に基づいてトレーニングしたい)

2.音高の喉への影響について

1.声優無用論(宮崎駿監督の声優は使わない発言やホリエモンの「声優ってスキルいるの?」について)

 


 

D.ライブラリー 
会報(サンプル版)
No.329 No.254 No.239 No.228