ブレスヴォイストレーニング研究所

研究所の案内                            

 

レクチャーとカウンセリング(L&C)メルマガ福島英のプロフィル

 

レッスンの概略(詳しくは、レッス受講生の方へ

レッスンの対象:一般、ビジネスマン、リーダー(経営者、インストラクター)、教師、OL、俳優、声優、ナレーター、音楽関係者(歌手、ミュージカル、声楽)、その他、声(音声)、表現、舞台に関心のある方なら、誰でも。
会場:東京都渋谷区代々木駅東口(裏口)3F建(7スタジオ)の一軒家 代々木駅から徒歩2分で、アクセスにも便利です。
レッスン時間:13:00-22:00 定休日は金曜日と第5週(29~31日)
講師:福島英ほか、専属トレーナー(声楽家、邦楽家ほか10数名)、外部スタッフ、プロデューサー、カウンセラー、フィジカルトレーナー、音声医ほか
レッスン内容:ヴォイストレーニング、ヴォイスコミュニケーション、プレゼンテーション、歌唱基礎、声楽基礎、ビジネス、日常の発声の改善、回復、エグゼクティブ・リーダーのパーソナルトレーニングもあります。
全て個人レッスン(複数のトレーナー担当)で行っています。

 創立して30年以上にわたり、さまざまなプロに愛され使われてきたヴォイトレを、一般の方へ(もちろんプロへも)伝授します。日本で最も多くの本を出し(合計、百万部以上)、この分野の第一人者、福島英がプロデュース、自らも教えている研究所です。(福島英の本

 声についての専門的な知識、指導経験の豊富な講師陣10数名が、やさしく丁寧に個別(個人レッスン)で根気強く指導しています(レッスンは月4~12回がメインです。) 
                    
トレーナー、スタッフには、何でも相談できます。一般、初心者の方も歓迎しています。(ヴォイストレーナーの選び方
 現在、10代から80代まで、200名以上の方が、いろんなジャンルから、声のトレーニングに通っていらっしゃいます。 (レッスン受講生について)

※PR情報
大 好評 「発声と音声表現のためのQ&Aブログ」では、毎日、皆さんからのご質問にお答えしています。その他、研究所の本やブログの連載記事も多数あります。

 

研究所の特色

 

 毎年、改善改良を重ね、常に時代に合わせ変革していく研究所、皆さんやトレーナーともに、いつも進化していく研究所です。
 「ここは、いつも昨日の研究所でなく、明日の理想の研究所に向かって進んでいます。5年前の研究所をみて、ここを語らないでください。」

1. 長年の歴史と実績(その間、あらゆる声の職業の世界と人材を交流)[在籍数 平均150~450名]
2.複数(10名以上)のトレーナーと自由選択。(専門性の高いトレーナーと自由に変更できる体制)
3.平均在籍年数2~5年(生徒数、トレーナー数共に)日本(世界でも)トップクラス。(10年先までみてこそ、結果がわかります)
4.専門家のネットワークは、医師、芸能、業界マスコミなど、業界内外問わず、広汎です (マスコミ掲載一覧)福島英の対談や共著も参考にしてください。
5.毎月会報(本一冊分の内容)を25年にわたり発行(2017.1月現在305号  会報サンプル誌)
6.代表への直接メールと、カウンセリングも可。
フォロー体制(レッスン日以外の質問や相談にもメールでOK)あり。
7.休会、退会後もフォローをしています。OB会員(500名以上の会報購読者)あり。
8.歌い手の他、声優、役者、一般の人も多く、ベテラン、プロ、著名人も多数通っています。(プロ2割)
9.いつでも入って、いつでも辞められます。トレーナーへの提案も変更も遠慮不要です(トレーナーの予約・時間確定のため、前々月末日までの申告)。
クレジット(ローン)や年払い制ではありません。(毎月引落)
10.出版や教材、日本一の発行数。通信や教育活動 にも実績大。
福島英の著書は、大学受験や中高校生の模試にも採用多数されています。

 声は一朝一夕で変わるものではありません。その人のそれまでの声の使い方にも大きな影響を受けています。ここでは、グループレッスンで10年以上にわたり、毎月40名×6クラス(関西を含む)を平均在籍数4~5年という期間でみて多くのデータや経験を得て、役立てています。現在もプロや10年以上の在籍者やOBとして会員の継続をしている人が多数います。

その他のメリット                                                     

 

1.代々木では3軒目のスタジオ(すべて駅2分以内)、その経験を活かし、スタジオもステージリハやデモ録りもできます。
2.トレーナーは、現在、推薦での採用だけ、その上ですぐれた人、常に学び続ける人だけが、残ります。そして、さらに所内で多くの経験を積んでいます。
3.いろんな要望、今日の問題を解決していき、さらに新たな対象や問題にどこよりも早く先駆けて取り組んでいます。(医者、物理、生理、言語や音声学者との提携、研究、論文、共著など出版実績多数)
4.業界のボーダレス化、分野、ジャンル、プロ、アマの区別なく、一貫して音声を表現するステージのための基礎力アップを主として続けています。

 ありがたいことに、どこよりも多くの人たちと接してきたおかげで、どこよりも多くの問題、いろんなご要望(ご叱咤、激励、クレームなども含む)で、研究所はますます幅広く多くのことに取り組み、改善し続けています。ずっと長く、見守ってくださる皆様に、感謝しております。

現在、次の分野に力を入れています。
1.VIP、エグゼクティブ、経営者、ビジネスリーダー、インストラクターのヴォイストレーニング、パワーヴォイス(声の耐久性、タフネス)
2.外国語学習、日本語教師のヴォイストレーニング
3.邦楽(詩吟、能、歌舞伎など)のヴォイストレーニング
4.声のアンチエイジングと病気などのからのリハビリテーション
5.オペラ、ミュージカル、声優、俳優のオーディション合格や入学の支援(プロダクション、劇団、音大等、実績多数)
6.音声医学、声紋などと喉と歌唱の研究、データ収集、専門家や最新の科学技術での分析による客観性の確立
7.声のデータベース、ライブラリー(音源、研究、記事、関連書籍他)
8.プロのトレーニングの優遇制度(応相談)
9.ヴォイストレーナーの育成、共同研究
10.レコーディング(デモテープ)や教材、企画CMナレーションものの制作

ヴォイストレーニングの必要性について

 

 思えば、私がヴォイストレーニングという分野でのデビュー本を出してから、4半世紀が過ぎました。この間、声とヴォイストレーニングをテーマに研究指導とともに本で社会に働きかけ続けました。その結果、今では大きな書店や楽器店に、ヴォイトレのジャンルの棚まで確保できるまでになり、私の夢の一端がかなったわけです。もちろん、多くの先達や他のトレーナーの先生の尽力によるところも大で、今では、声の本は年間数冊、ヴォイストレーナーと名乗る人は、数え切れないほどの盛況振りです。

 さて、一般の方にお伝えしておかなくてはいけないのは、このように「ヴォイストレーニング」「ヴォイストレーナー」とひとくくりにされているのに、そこには何ら、共通の方法や基準もないということです。これは、声というものが得体もしれないというか、ほとんどの人が声を使って生活や仕事をしており、一概によしあしや正誤などいえないところで扱われるものだからです。   

 しかし、トレーナーがトレーニングするとなると、事情は一変して、いかにも正しい声や優れた声があり、それを習得させるというスタンスをとらざるを得なくなるのです。ですから本にも、レッスンにも、自分の方法だけが正しいというようなトレーナーが、跋扈(ばっこ)することになります。
声に自信のない人は、声の正解を求めたいから、そこにレッスンが成立するのですが、私がずっとみてきて、今やそれが安易にはびこっているという状況なのです。何ら他の人と声の変わらない(つまり、声のトレーニングが身になっていない)トレーナーが、本に書かれたようなことを処方して、声に自信のない方が慣れというメンタル面だけで「とてもよくなった」と体験談を述べられるように導く、本人も何ら前と声は根本に変わらないのですが、自信をもったから、説得力は出るのです。それは本人が満足しているのでそれでよいと思いますが。
 ちなみに、アナウンサーは報道のプロで、発音、滑舌、アクセント、イントネーションなど、話の基礎技術はありますが、ヴォイトレ(発声、呼吸、共鳴、喉のしくみなど)についてはけっこう素人です。役者、声優も本人の演技力はあっても他人を指導するとなると、それに近いといえます。声楽家にもかなりの自身家で自分だけが正解見本というような方が多いようです。

 私の研究所は、プロやヴォイストレーナーが学びに来るところなので、そのようなレベルでのヴォイストレーニングの流行は、長期的には信用失墜につながるのでは、と心配しないわけではありません。一方で、求めていらっしゃる方の対価に見合う満足感を得られたらよいとも思うのです。ヨガやエステと並べられるように、ストレス解消や癒し系のものであっても、それが入り口となり、ヴォイトレの裾が広がることは、決して悪いことではないからです。私もここのところ、一般向けの本を出し、また、一般の方やビジネスマンとのレッスンも行っているわけです。(いらっしゃる方のメンタルやフィジカルの問題が大きくなったのも、この傾向を促しています。)

 ただ、ヴォイストレーニングをトレーニングというからには、私は、本もそのきっかけになればと思いつつ、やはり本物に至る伏線を引いてしまうのです。つまり、プロでも使えるどころか、声の弱い日本人が、外国人レベルを超えられるというところまで、考えてしまうのです(詳しくは、私の研究所のメルマガとサイト内の[トレーナーの選び方]をお読みください)。
 かつて、私は日本人の言語音声力の欠点にまで遡り、外国人にも教えられない基礎の基礎まで掘り下げて、スタートしたのに、表層的なところでヴォイトレを捉えられているのが残念なのです。本当にヴォイトレを深く捉えたのなら、外国語の習得、アンチエイジングはもちろん(それについては、拙書一覧参考)、一声で相手を説得できるあなた自身の最高の声、ここを間違えないで欲しいのですが、声がよい人と同じ声でなく、あなたの喉やキャラクターに合った、最大の可能性をもつ声(プロの声)を獲得していくことが理想なのです。

 さらに知りたい人は、本研究所サイトを参照して、是非一度私のレクチャーとカウンセリング(L&C)にいらしてください。ヴォイストレーニングやヴォイストレーナーについて、おかれている現状と対策についてはお伝えできると思います。この分野の発展と、何よりも多くの人が声を育んで、自分の人生をもっと充実させられるように、また優れた人材が出ることを願っています。日本にも声の使い方に優れたリーダーが輩出することを願って・・・。

代表 福島英のご挨拶

 

 初めまして、研究所代表の福島英です。

 しっかりとした声、聞いて感じのよい声、気持ちを明るくする声が、この人と一緒に仕事をしたい、この人を仲間に入れたいと思わせます。声には、本音やその人の人柄、性格、さらに潜在能力が現われてくるからです。仕事や生活では、たえず声で相手の心に働きかけ、心を動かすわけですから、「声の力」は、とても大切なのです。

 私共のレッスンでは、あなたの声をチェックした上で、理想に向かって鍛え磨き上げ、それをどんな場(状況)にも対応させる力をつけることがねらいとなります。

 そこで、次の三つを指針にしています。
1.基本のトレーニングで、声そのものを鍛えつつ、その声を支える呼吸やフォームをしっかりと身につける。(それとともに声への判断力を磨く。)
2.求められるシチュエーションで望まれる声をしぜんに使えるようにする。
3.あなた自身のもつ、もっともあなたらしい声を伸ばし、耐久力、応用力をつける。

 私は日本人の声に対して、一番効果を上げられるレッスンの場として、この研究所をつくりました。すでにどこよりも長いキャリアと実績をもっています。
 声のレッスンには心身のリラックスや仕事や生活へのモチベーションを高める効用もあります。発声のトレーニングを楽しみつつ、表現力をつけていきましょう。

 あなたと会える日をそして、あなたがレッスンを通して声について自信のもてる日をくることを研究所一同、楽しみにしています。

メルマガ購読のお勧め

 

研究所では、毎月、最新のヴォイトレ情報をメルマガで配信しています。
登録していただくと、研究所の更新記事などにも定期的にアクセスできます。http://www.bvt.co.jp/magazine/freemail.html

 

サンプル

 

「伝えることの複層化★」 

 私が直接、伝えるより、伝えられる人を育てられたら、その効果は何倍にもなります。私も、伝えている人と伝えられている人をみることで、たくさんかつ本質的なことが学べます。
 歌手になりたい人が歌手に憧れ、歌手に学ぶのは、もっとも大きな動機のまま、ストレートに学べるのですが、それだけで一人前に人が育つことはないのです。

 一方、トレーナーになりたい人で、最初から俳優や歌手になることを避けている人は、そこが問題になるときがきます。私が、トレーナーの公募をしない理由の一つです。

 歌手でトレーナーである人は、一見、理想的にみえますが、どちらも中途半端なことが少なくありません。ピアニストと調律師と音楽監督は分業であり、大きくはチームなのです。しかも、その管理だけでは、創造の条件を満たしません。

 どのようにプロデュースするのか、演じるのか、歌うのか、声をつくるのか、体をつくるのかをていねいに一つずつ考えることです。

 

Q.なぜ、ヴォイストレーナーの声は弱いのか。☆☆★
A.最近、よく聞かれるようになった質問です。きっと、トレーナーは、声が強く大きいとか、太く深いと思って、会って幻滅したのかもしれません。しかし、ヴォイストレーナーというのは、必ずしも強い声を出せる人でも、強い声の出し方を教えることを専らとしている人ではありません。

ここは、ヴォイストレーナーに何を求めるのかで違ってくるでしょう。もちろん、全てをできるというトレーナーもいますが、そういう人に限って、大体は、全て薄めている、つまり、平均的にそこそこにできるということが多いでしょう。

 

私の研究所では、一人の受講生に複数のトレーナーがつく複数トレーナー制で行っています。これは、全ての問題に対応できる、あるいは、全てのタイプの人に対応できるトレーナーは、ハイレベルにおいてはどこにもいないからです。

アメリカやイタリアに行ってもいません。そこで、すでに一流の歌手を育てているトレーナーでも同じです。あなたがそうなりたくてその人についても、なれません。これまで、たくさんの人が、一流を育てたというトレーナーに学びに行ったのを私は知っています。しかし、日本人で、そうなれた人はみていません。もちろん、歌手に限らず、認められるには声の力だけではないのですから、ヴォイトレの第一の目的の声でみるとします。でも、声の力もつかないケースが多いのです。

 

海外のトレーナーと歌手の例から切り出したのは、大体において、現在、日本で歌手を教えている人は、他の国のヴォイストレーナーより声が出ない、弱いからです。また、日本の歌手も役者も同様に、声は弱いのです。

そこで、プロの歌手、役者が自分を見本として教えても似たことが起きます。

それ以前に、そういう人たちは、声が強くなくてはいけないと思ってはいません。ポップスにはマイクがありますから、歌を上手く歌うことと、声の強さ、大きさは関係ないと思っているのです。または、そうではないのでスルーしているのです。もって生まれた声で、そのままでよいと思い、声の強さを求められなかった、求めても得られなかった、得ることをしてこなかった、もっと簡単に言うなら、声を強くするトレーニングをしてこなかったし、その必要性も感じていなかったのです。逆にいうと、それで人並み以上のことができ、認められてきたのです。高い声、細い声、きれいな声を求め、あるいは、すでにもっている声、質がよく、恵まれたタイプか、高音域優先タイプが圧倒的に多いのです。

ですから、プロの歌手やトレーナーで普通の人よりも大きな声が出ない人はたくさんいます。そういう人は、声は鍛えるものでない、その人に合ったしぜんがよい、と考えています。そうなると、どこが声のトレーニングなのかと、私なぞは思うのですが。そこで伝えているのは、ヴォイトレでなくヴォイスコントロールであると、私は、二つに分けて述べてきました。

今の日本の歌の現状をみて、そういう方向に特化したトレーナー、声楽家を紹介していたこともあります。私の研究所には、かつて、声の弱いトレーナーも何人かいました。が、今は、一般の人よりも声が弱いというトレーナーはいません。ここには、あらゆる分野のプロの人もくるので、声が弱いなどと疑問をもたれてはやっていけない厳しさがあるからです。

要は、いろんなタイプ、専門のトレーナーがいるのでそこをきちんと知ることです。ご自分のトレーナーに、どこが専門、強いのを聞くのもよいと思います。それがわからないのなら、私があなたをみて選ぶトレーナーから始めるとよいと思います。