ブレスヴォイストレーニング研究所

レッスン受講希望の方へ

コース・料金についてトレーナーについて遠方、多忙の方へ(通信・スカイプ)レッスン受講生について

研究所のレッスンのご案内

 

 私共では、よりよいレッスンとトレーニングをあなたと一緒につくっていくというスタンスで、個人別にさまざまな相談をしながら進めています。プロ活動や仕事で忙しい人、本の愛読者で遠方からも多くの人がいらっしゃるため、たとえ、回数や時間が少なくても、1ヵ月の毎日のトレーニングに対してフォローができるようにしています。

・原則として代表の福島英を中心に複数のトレーナーで多角的な視点からアドバイスする体制をくんでいます。
・目的、レベル、内容、回数、時間を随時、変更することもできます。
・メールで、レッスン、レポート提出、Q&A、鑑賞レポートなどを、代表やトレーナーとやりとりします。(それぞれのペースに合わせて進めていきます。)
 そのために、1回30分で月2~8回でも、他のスクールとは比較にならないくらいの効果が得られていると自負しています。(日本で唯一のパーソナルヴォイストレーニングコース。代表の福島英やスタッフカウンセラーがあなたの目標に応じ、複数の最適なトレーナーと教材をセレクトし、コーディネートしています。)

 ヴォイストレーニング、発声練習や、せりふ、歌のアドバイスに加えて、基礎力と総合力をつけるために、さまざまなアプローチをしています。(デモテープづくりやオーディションも対応可)

※お電話は、入会の問い合わせに限らせていただきます。(できるだけメールでお願いします。)

 

レッスン内容

 

1.レッスン内容について

2.レッスン内容の一例

 

 

1.レッスン内容について

 皆さんの問い合わせで、とても多いのが、どんなレッスンをしているのかということです。

 ここには、プロから初心者まで、あらゆる分野の人がいらっしゃいます。そのため、トレーナー一人との体験レッスンや一つ、二つのレッスンの見学で判断するには、材料も乏しく、誤解が大きくなりかねません。そこで、見学、体験レッスンの代わりにレクチャーや説明会をおいています。トレーナーやレッスン内容の方からでなく、あなた自身の目的からトレーナーもレッスン内容を考えて、個別にセッティングしているからです。(現在、研究所では一人のトレーナーだけが受講生を引き受けるのでなく、代表、トレーナー、スタッフ、提携関連先も含め、全体でみていく体制にしています。)

 どうしてもレッスンの一端が知りたいという人のために、会報(月刊)から実際のレッスンのメニューやレッスンの受講レポートを転載してありますので、参考にしてください。これはある期間のレポートで、プロの人やこういう形と違うレッスンも行われています。

 レッスンの受講者のレポートです。(これらはトレーナーがついての指導メニューですから、一人で行われると、危険や間違いの生じる恐れがあります。それに対していかなる責任も本研究所は負いませんので、ご了承ください。あくまで参考までにお読みください。)

 

 ヴォイストレーニングを頭で理解するのは、難しいことです。
  頭で理解しても、身につけることになりません。
 実際に、話を聴き、自分の目と耳と体で判断したら、一度でその価値がわかる人もいます。
 まずはレクチャーに足を運び、自分の目と耳と体で判断してください。 
 声の本当の成果は、その人がどれだけしっかりと基礎をやったかということとともに、長いスパンで考える必要があります。

 

2.レッスン内容の一例

 

○表現力と声とせりふの基礎力づくり
声の強化とコントロール力、さらに声の表現力をつけることをメインとします。
声優、役者、教師、講師、一般の人、ビジネスマン、人の前に立つ人など、声やせりふの表現力をつけたい人に。

○歌唱力と発声と声力づくり
声楽、オペラ、ゴスペル、合唱、コーラス、ミュージカル、ポップス、ロック、邦楽、一般の方など。
発声の基礎と声域声量の拡大をメインとします。
発声技術を確実に学びたい人、音大受験、ミュージカルのオーディション、トップレベルのプロ歌手にも対応しています。

○プレゼンテーション&ネゴシエーション
ビジネスについて面接からプレゼン、ネゴシエーション、司会まで。
パフォーマンスも含め、養成所レベルの声の鍛錬とスキルを習得します。

○オーディションやデモテープ
プロデビューめざす人向けのコースです。
劇団四季他、有名な劇団プロダクションやミュージカル、お笑い、オーディションに毎年、多くの人材を輩出しています。

○音楽基礎力づくり(音大、劇団受験、プロ歌手のチェック)
読譜力、音感音程、リズム、テンポなど、歌の基本を身につけます。

○代表福島英やチーフトレーナーのアドバイス・パーソナルレッスン
声づくりと、音楽の感覚を入れること、オリジナリティ発掘へのアドバイスもします。
ビジネスリーダー、社長、政治家、講演家、インストラクター、教師、セールスマンなど人前に立つ人の声やその演出について、パーソナルトレーナーとして、個々のあらゆる声とその表現上の問題に対処します。

☆コースや内容、料金についての詳細は、すべて説明会でお尋ねください。
個人レッスンなので、曜日・時間など諸条件により、 受講までに調整を要することや、受け入れられないこともありますが、その際はご容赦ください。

 

研究所へのアプローチとレクチャー&カウンセリング(L&C)について

 

1.研究所へのアプローチ(レッスンを受講するには)

2.福島英のレクチャー&カウンセリング(L&C)
3.レクチャー&カウンセリングの内容
4.レクチャー&カウンセリング参加資料申込み
   

 

1.研究所へのアプローチ~レッスンを受講するには
  
 現在、研究所の指導は、福島英とトレーナー・スタッフで、東京は代々木駅前のブレスヴォイストレーニング研究所スタジオ(A~Gスタジオ)で行なっています。

 ヴォイストレーニングは、私とともに信頼のおける秀れた10数名のトレーナーとともに、行なっています。指導を引き受けるにあたっては、実際にお会いして話を聞いていただき、トレーニングについての方法や注意を理解してもらった上で、レッスンを受講していただいています。レッスンのことは、説明会で詳しくお話しします。(レクチャー&カウンセリングにて、研究所の内容・方針などをご判断ください。プロやプロダクションの方にもご参加をお勧めします。もちろん、このレクチャーの参加だけでも歓迎です。)是非、たくさんの質問を持っていらしてください。

 レッスンでは、表現に耐えうる声、表現を創り出す声、人に働きかける声を知るとともに、声と息と体と心とが一体であることを、声の波動を浴び、そこに自分の声をのせる体験を通して学びます。たった一つのせりふや、歌の1フレーズを伝えることの難しさを知り、そのアプローチを試みます。

 

ブレスヴォイストレーニング研究所でレッスン受講希望の方は・・・
 
プロや紹介以外の方は、福島英のレクチャー&カウンセリングに参加ください。
資料請求してください 
研究所は、声に関心のある人が学ぶ場として設けました。
一般の方や初心者も、月に数回しか来れない人や遠方の人、忙しい人もたくさんいらしています。(現在、15才から80才まで、北海道から沖縄までもいらっしゃっています。)

 

レッスンの受講はできないが、学びたいという方は・・・    
  
〇福島英の著作本を読む 
福島英著書一覧 をみてください。(お勧め「読むだけで、声と歌が見違えるほどよくなる本」)
  

〇通信講座やスカイプで学ぶ   
資料請求をしてください  
  
〇教材や研究所のテキストで学ぶ 
資料請求で問い合わせをしてください  
  
〇ホームページやメルマガで学ぶ
購読やアクセス(RSS)をしてください
 
 

2. 福島英のレクチャー&カウンセリング(L&C)
   
 ヴォイストレーニングは、実際にご覧いただかないと、わからないこと(伝わらないこと)が多いので、お電話などでの質問は遠慮させてもらっています。いくら口頭で声やトレーニングのことを話しても、勘違いや間違ったトレーニングの原因となりかねないからです。

 レクチャー&カウンセリング(L&C)では、今の自分の声を知り、これからどうやって鍛錬していくかを中心にお話しています。また、あなたの目的や要望に対し、どのようにしていけばよいのかを、福島英の見識や指導経験から具体的にアドバイスします。

 ここでは、自己を最大限、魅力的に表現する武器としての声づくりを中心に、声の使い方、日本人の声をインターナショナルに通用するレベルにするためのヴォイストレーニングを行なっています。
  ポピュラー、ゴスペル、ジャズ、オペラを歌うに足る声、俳優や声優など、声をプロとして使う人の必要にこたえた声、聞いて一言でわかるプロの声を目指しています。

  人は手に入れたいと思った願望の強さに応じて、それを手に入れていくものです。 必要なものは必要な人に必ず与えられるものだと思うのです。
 ただし、それは時間と根気という投資があってはじめて得られるのです。
  本当に自分にとって必要だと信じることができた人が、その道のりを歩んでいくということです。 声にもそれだけの必要性を与えることからです。一般の人も歓迎しております。
                                               福島 英
 

3.レクチャー&カウンセリングの内容
 
 代表 福島英が、個別の質疑に詳しく答えつつ、必要に応じて、具体的なトレーニングを紹介します。この日一日で、あなたのヴォイス観に必ず大きなショックが与えられるでしょう。

 なぜ、声が出ないのか、トレーニングのポイントはどこにあるのか、どうしたら本当に素晴らしい声になるのかがわかります。
 わかってもすぐにできるわけではありませんが、少なくとも気付くことから、よりよいトレーニングはスタートできるでしょう。声の絶対的な差とそれを埋めるカギを、身をもって捉えましょう。

レクチャー&カウンセリングには、プロ、トレーナーの方から初心者、一般の方まで、声や表現についての問題ならどんなことでも、けっこうです。知りたい方はいらしてください。

 

〇テーマ
体を変える/声を変える/声の鍛え方/パワフルな声になるには/生声と本当の発声との違い/耳の力のつけ方/ プロになるには/実力のつけ方/自分の声の判断の基準/
毎日のトレーニング(目標別・個人別)
 

〇これまでの内容・例

声が自由に出せるには/なぜ、日本人は声が出ない/ 声の出る体づくり/発声と共鳴のメカニズム/姿勢とフォーム/ 欧米人の声と日本人の声/“深い声をつくる”深い息/お腹から声を出すということ/ヴォイス・トレーニングの目標・方針・考え方/必要な知識は1つだけ/声域と声量を伸ばす/声を確実にコントロールするには/喉のケア/発声障害/表現、舞台に必要なこと/毎日のトレーニング(タイプ別)/ヴォイストレーニングの実際/発声と共鳴/本当の腹式呼吸/通る声/働きかける声/伝わることばにする/発音・滑舌の克服/声域別での発声/頭部と胸部の共鳴/一般の人の声をよくする/英語や外国語のヴォイトレ/役者声の鍛え方/声優のためのヴォイトレ/音痴矯正/芸人の声/邦楽発声/表現力アップ など
 

〇質疑応答

 音声表現についての疑問に、この研究所の実績や私自身の指導体験を通して答えます。姿勢、腹式呼吸、発声共鳴ということばも安易に使われ、効果のよくわからないものではありませんでしたか。その本質にせまり、本当に声が身につくとはどういうことなのかを示します。

 歌や朗読、あるいは発声や日頃のトレーニングをみて欲しい人には、一言アドバイスします。それが目的の人は、アドバイス付を受講ください。

 

 

4.レクチャー&カウンセリング申込みの参加資料
 
レクチャーやレッスンに興味がある方は、レクチャー&カウンセリングに必要な書類を含め、資料をお送り致します。
下記、資料請求フォームにご記入の上、送信してください。

 

資料請求フォーム