ブレスヴォイストレーニング研究所

「人は『のど』から老いる 『のど』から若返る」

 

 

Amazonの本のご案内

講談社の本のご案内

 

 喉を鍛えると誤嚥も肺炎も予防でき、長生きできます。そのノウハウの多くはすでにヴォイストレーニングで実践されています。その効果は、歌手や芸人がいつまでも若々しく、生涯健康に生きていることで証されてきました。
 本書は、俳優、歌手、声優、芸人のかけこみ寺的存在で有名な声専門の研究所のヴォイストレーナー福島英氏が、健康面とそのトレーニングの2本立てで解説していきます。
 喉の筋肉は何歳からでも強くなるといいます。最近では歌手や役者の声が、芸人の声に比べ、弱くなっているそうです。それはどうしてなのか?声力の身につけ方とは?好印象になる声の出し方、老化や誤嚥性肺炎予防のコツまで幅広く、わかりやすく解説します。(世界最大の声のブログQ&Aサイトからもエッセンスを転載しました。)
 あなたの声や話、コミュニケーションの実力をアップさせるのにきっとお役に立ち、健康で元気になることでしょう。[講談社のPR文より]

 

プロローグ[本文より一部編纂]

こんなことを感じたら、特にお勧めです。
□長時間話すと喉が疲れる
□人の話が聞こえづらい
□声が通りにくい
□カラオケがへたになった
□滑舌が悪くなった
□人とあまり話したくなくなってきた
□よくかすれ声になる
□食べ物が飲み込みにくい
□硬いものが噛みにくい
□食事中や会話中にムセたりせきこむ
□錠剤が飲みこみづらい
□咳払いが多くなった
□痰が絡んだ感じがする
□食べるのが遅くなった
□食事量が減る、痩せてきた
□喉や胸に違和感がある

 

 

 

○健康でいたければヴォイトレを

 

 日本人の寿命は延びていき超高齢化社会となりつつあります。人生100年時代と言われ、誰しも健康に生きることを考えざるをえません。しかし、そこでは、あまりに多くの情報や新説が氾濫して混乱しています。それがうまく使えず、却って迷ったりストレスになったり不健康になって、不利益を被っている人も多いのではないでしょうか。どんなに医療や福祉が発展しても、自分自身の身は自分で守るということを忘れてはならないと思うのです。
 天よりの賜物である私たちの人間の能力は、本来、相当にタフで高度なものです。その中でも基本の二つは、歩くことと食べることです。私たちはそれを技術で補ってきました。ただし、それに頼りすぎると、体力、筋力、五感は衰えていくわけです。これは、もはや文明病であり、高齢者だけの問題ではありません。
 こうした状況に対応して、町を歩けばフィットネスや整体、マッサージの施設をたくさん目にします。筋トレや体力をつけるためのジムも、今は健康や癒しのために使われる割合が増えているそうです。

 私のヴォイトレの研究所にも、いつ知れず、そういう目的で使われている人が目につくようになりました。30年ほど前の設立当初は、プロ歌手のヴォイトレから一般の人向けのプロ養成所として開設していました。しかし、あらゆる分野の人がいらっしゃるようになったので、個人レッスンを主体とするようにしていきました。トレーニングジムと同じく、強化養成目的であったところが、病院からの紹介や、元々声の弱い人が増えてきて声のケアが大きな割合を占めてきたのです。
 幸い、ここは当初より、日本の音楽療法の礎、桜林仁(芸大名誉教授)に顧問をお願いしていたように、これからのヴォイトレは、医学や科学抜きにできないとの思いで、健康や心理面との研究を重ねていました。その後も声紋分析など、科学者などとの共同研究プロジェクトを始め、幅を広げてきました。私自身、今も国立障害者リハビリセンター学院の講師をしています。そこで育成している国家資格の言語聴覚士というのが、本テーマともっとも深い関係にある専門職です。またこれまでも「人は声から若返る」(祥伝社2007)という本や喉の力そのものを強化するような教材などもつくってきました。
 ヴォイストレーナーが喉のことを扱うのは、私にとって当然のことです。私のところでは、喉の問題そのもので来る人、能、歌舞伎、詩吟、邦楽から芸人、役者、噺家、ビジネスマンがいらっしゃっているからです(誤解のないように付言すると、一般的にヴォイトレというのは、歌がうまくなるための発声や高音でのテクニックなどが中心で、喉の問題そのものは必ずしも扱いません)。

 

〇医療の前に芸術(アート)を

 

 声が老けてきた→老けてなくするのではなく、若々しくする。かすれてきた→かすれないようにではなく、もっと流暢にする。そこが、医療と芸術との違いかと思うのです。
 何事をするにも、楽しんで心地よい方がよいでしょう。それにはポジティブになることです。そういうことなら、労せず楽しめるし続きます。そして、生涯、効果が持続します。
 声を出すのが快感になったとき、あなたの喉の問題も消えているでしょう。つまり、よくなっているのです。
 習慣にすることを義務としてやるよりも、楽しみ、趣味、生きがいとしてセッティングと、効果が全く違ってくるのです。楽しくヴォイトレで解決していきましょう。

 

〇自己治癒力と自己実現力

 

 人がもっとも生き生きするのは何か自分が高まっていると思えるときではないでしょうか。アートと接してきた私はそう考え、現実的な実践が問われる現場でも、少しでもそういう天与の力を伝えようとしてきました。それは、生きがいに結びついていく本来の意味での「自己治癒力」です。アーティストには障害をものともせずに生きた人が多いです。
 人は遊ぶことを楽しみ生きていく存在です。トレーニングとか回復のメニュというメンテナンスより、好きなことや興味のあることを拡げて深め、結果、喉や心身のためになる、それが、これからのメインになっていけばよいと思います。
 ですから、本書では、喉のことを根本にしていますが、毎日の呼吸や発声を省みるところから、しぜんとよくなるようにしたいと思っています。声は見えませんが聞こえます。とても効果がわかりやすいのです。それは、声、ことば、おしゃべり、朗読、歌と、人生の楽しみに関わってきます。つまり、私の専門分野になるということです。

 

○喉仏も垂れてくる

 

 年をとると何が変わってくるでしょう。赤ちゃんのほっぺは、ぴちぴちですね。水分量が多いのです。生まれたときは50%の保水量といわれます。それが年齢を重ねるごとに、保水できなくなりケアが必要となるのです。
 若い人の頬、顎、二の腕、お尻はアップしています。上に引き上げる筋力があるからです。いろんな挙上筋の働きです。年をとるとその筋の力が衰えて重力に負けてくるのです。そして、太もももまぶたも、みな下がってきます。喉(喉頭=喉仏)も例外ではありません。
 喉仏は支えられているのでなく、ぶら下がっているだけですから尚さらです。吊り下げている筋肉、腱が衰えると下がるのです。
 お年寄りの喉仏を見てみてください。男性なら出っぱっているのでわかりやすいはずです。

 喉、首周りは老化がわかりやすく現れるところです。年配の人がアクセサリーやネックマフラーなどで首をみえなくして年齢を隠します。そこをみせないのは、おしゃれの定番です。

 

○喉仏の位置が健康寿命を決める

 

 飲食物を飲み込むとき、喉頭挙上筋群が喉仏(=喉頭)を上げます。そして喉頭蓋が倒れ、飲食物が気管に入らないようにふたをします。唾液を飲み込むときには喉仏が上がるので、実際に自分の指で触って、動きを確かめてみてください。そのときに気管は、ふたがされて、飲食物は食道へ入るのです。
 誤嚥は、主に喉頭筋群の劣化によって起こります。となると、誤嚥を防ぐには、それを劣化させないように鍛えたらよいのです。
 そこで、ヴォイトレがその強化として使えるのです。 (→続きは、どうぞ本書にてお読みください。)