ブレスヴォイストレーニング研究所

福島英 プロフィール ブレスヴォイストレーニング研究所所長

 

 

 国内外の多くの先達に声の基礎づくりを学んだ後、日本の大手プロダクション設立時より、プロへのヴォイストレーニングを始める。

 日本人の声をパワフルにするブレスヴォイストレーニングを考案、その研究、普及の場として、“日本初の声の専門研究所”を設け、多くのプロダクション、レコード会社、スクール、劇団などと関わる。

 歌手、俳優、声優、噺家、ミュージカル俳優、お笑い芸人、アナウンサー、放送関係者から、ビジネスマンや一般の人にまで知られるほどに“ヴォイトレ”を普及した第一人者である。特に基礎ヴォイスづくりと歌唱フレーズの判断に定評がある。

 最近は、邦楽、詩吟、歌舞伎、能楽界や医療現場にも関わる。業界内にとどまらず、社会に声の重要性を精力的に説いている“声の伝道師(ヴォイスコンダクター)”である。

 日本でもっとも多くのヴォイストレーニング関連の書籍を出版。実践と研究をまとめた世界最大のヴォイトレQ&Aサイトを運営する。

 

 専門学校・劇団、音楽学校、大学(オープンカレッジ含む)、スクールへの出張指導・顧問、企業、各界への講演、研修のほか、音声の舞台づくりまで、活動は多岐にわたる。

 俳優座、音響技術専門学校に日本ヴォイス研究所設立(桜林仁芸大名誉教授顧問)の後、東京コンセルヴァトワール尚美、桜美林大学、六本木学園ほか講師(日本語教師養成学校、コールセンター、声優役者養成所、語学研究所等)、指導者、トレーナーの養成にも実績がある。

  プロの歌手、俳優、声優、劇団四季、宝塚歌劇団、吉本興業、落語協会、日本放送協会などに所属の、演劇、ミュージカル、放送、落語、お笑い芸人関係者などの指導を行なっている。

  研究所運営のため、多くのプロジェクトやブレーンも兼任し、今もアーティスト、プロデューサー、起業家養成のほか、各種勉強会、委員会、NPO、学校教育関係などで、さまざまな活動や提言をしている。創造性開発、表現力の基礎を身につける術を各地で指導している。

 

 「教育音楽」ほかに執筆連載多数。 TV、ラジオ番組、雑誌の監修、アドバイザー。日本デザイン会議、Method Exhibition(日本劇団協議会主催)、朝日カルチャーセンター、経済界セミナー、経営合理化協会社長演出塾などに出講。現、国立障害者リハビリテーションセンター学院講師。   

 

 現在、「発声と音声表現のQ&A」、「ヴォイストレーナーの選び方」(トレ選)、「ヴォイトレの論点」ブログほかを連載中。

 

 ヴォイトレ関連著書は、『人は「のど」から老いる 「のど」から若返る』(講談社)『声がみるみるよくなる本』(中経出版)『読むだけで声と歌が見違えるほどよくなる本』(音楽之友社)『ヴォイストレーニング基本講座』『(同)実践講座』(シンコーミュージック)『人に好かれて、きちんと伝わる声になる本』(中経出版) 『声のしくみ「人を惹きつける声」のメカニズム』(ヤマハミュージックメディア)『声のトレーニング』 (岩波ジュニア新書)ほか50冊を超える。その他、電子書籍もある。

 

 

<ブレスヴォイストレーニング研究所>

 

 1993年代々木に設立、独自の運営方式により、あらゆる分野の声の問題に取り組んでいる。 また、声に関心のある人、声を使うプロ、各分野の専門家からヴォイストレーナー、演出家、プロデューサー、音声医などと共に、多くの研究と実践活動を行なっている。

 福島英が、レッスンに関しては、トレーナー(十数名)、声楽家、邦楽家とともに、歌手、俳優、声優、アナウンサー、タレント、ナレーター、インストラクター、経営者、ビジネスマンなど、指導育成している。

 声に関心のある人なら、プロも初心者も問わず門戸を開いている。複数のトレーナーをつける独自方式を採る。噺家、邦楽、詩吟、のどに支障のある人、フィジカル、メンタル面での問題のある人など、他では解決できない人の“声の駆け込み寺”的存在になっている。

 ヴォイス診断や発声、歌のチェック、セカンドオピニオン、スカイプでの指導も行なっている。これまで多数の著名人、プロ、芸人、タレント、アーティスト、ビジネスマンが利用してきた“声の養成ジム”でもある。

 

 ホームページには、トレーナー、スタッフによる「発声と音声表現のQ&A」、「ヴォイトレレッスンの日々」ブログの連載など多くのヴォイトレやレッスンの情報がある。

mail:info@bvt.co.jp